【お花見】「NAKED桜の新宿御苑」に夜桜を見に行きました – 2023/4/2(日)

目次

「NAKED桜の新宿御苑」の様子をご紹介

こんにちは、がくんちガクです。

週末はプロジェクションマッピングで有名なNAKED Inc.が新宿御苑の夜桜を美しく彩るという、桜の時期限定のイベントに家族ででかけました。その時の様子を動画と文章の両方でご紹介します。

動画はこちら👇

入場

このイベントは3月31日に開始して今日が3日目。オンラインで事前に買う大人の週末チケットは1,800円(桜のレジャーシート付で2,400円)です。初日と2日目(金~土)は大混乱だったようで、運営側が工夫をして入場の同線を仕切り直し、この日は当日チケット販売も無しとなっていました(御苑入口でそうアナウンスしていました)。

イベントは19時~22時の3時間ということで、前日の大混乱をTwitterで把握していた私たちは、イベント開始の1時間前に御苑入口にやってきました。

新宿御苑入口

新宿御苑の中の通路で4人列で並んでくださいと言われ、私たち家族はイベント会場への入場ゲートから50メートルほどの位置で50分ほど並ぶことになりました。娘はトイレに行っておいたにも関わらず、寒さのせいか尿意を催してしまい、残り35分ほどの間中、悶絶しながら動きまわっていました。

一人で入場ゲートまで列の脇を歩いていき、スタッフの方にトイレに行けないか聞いたようですが、19時までは無理と言われたそうです。可哀そうなのですが「がんばれ!」と声をかけることしかできません。

18時55分に列が動き始め娘は歓喜するのですが、オンラインチケットを見せて通過する場所で混雑が起こりなかなか前に進めません。娘さん爆発寸前です。

ようやくゲートに入った!

会場では提灯が借りられるのですが、数に限りがあるという情報を得ていたため、ゲート入ってすぐの貸出用提灯(各部ループ1個貸出)を急いでピックアップして、そこから20メートルほど進んだところにあるトイレに猛ダッシュです。何とか間に合いました(よく頑張った娘よ!)。

提灯を借りる

提灯とレジャーシート

提灯は何種類かの色があって、提灯の下に照らされる模様がそれぞれ異なります。娘は桜を選んだようです。

貸し出されている提灯

レジャーシート付きのチケットを購入していたため、会場の奥の方にあるレジャーシート売場(ワゴン車が止まっていて、軽食とレジャーシートを販売していました)へ進みます。これも数に限りがあって無くなれば終了ということで、最初に少し周囲の写真を撮ってから急いで売場まで進みました。実際はそれほど急ぐ必要はなかったかもしれません。

桜の形をした一人用のレジャーシートを家族3人分ゲット

お花見

落ち着いたところで改めて会場の見物といきます。桜が様々な色合いを見せるように、プロジェクションマッピングが施されているようでした。遠目に見た桜の色の変化が綺麗です。光がピンク色の時の発色が強くてとても幻想的でした。

娘も持ってきたデジタルカメラを片手に被写体を探しては、何とか綺麗な写真を撮ろうと一生懸命になっていました。しばらくすると撮影自体に飽きてしまいましたけどね。

 

「SAKURA DANDELION」という作品には長蛇の列ができていました。DANDELIONとはタンポポのことです。どうやらスマホのチケットか何かをスキャンすると、地面に投影されたプロジェクションマッピングが模様を変えて、その模様の中にローマ字で名前を映してくれる仕組みのようです。それを体験するための長蛇の列だした。

私たちは並んでいた方々が順番に体験されるのを脇から見ていたのですが、とても綺麗でしたよ。

地面に映る模様が美しいSAKURA DANDELION

21時前になって疲れてきたので、最後に写真を撮って帰ることにしました。この日は日が沈んでからけっこう冷え込んだので余計に体力を削られました。娘にダウンジャケットを持ってきて正解。

さっきまでカメラを持って動き回っていた娘が、今度はモデルに徹します
 

お弁当も何も持ってきていなかったけど(何か持ってくるべきでした)、混んでいるフードワゴンに並ぶのは躊躇したため、空腹を我慢しながら帰路に着きました。

もうすぐ春休みも終わりですね。娘は新三年生のクラス替えが気になってしょうがないようです。

またお会いしましょう。

ガク

★がくんち – Gaku’s Base★

ブログランキング・にほんブログ村へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次