【キャニオニング みなかみ】メープルコース(大沢)のガイドツアーに小学生(8歳)の娘を連れて参加

目次

みなかみ町で子供達とキャニオニング

こんにちは、がくんちガクです。

今回は小学3年生の子供とキャニオニングをしに「みなかみ町」を訪れました。

奥利根地域にある木の根沢支流の大沢の、メープルコースや大沢コースと呼ばれているコースでのキャニオニングです。ガイドは同じくみなかみの「スキーヤーズプレイス」さんにお願いしました。小学4年生のお友達もニューヨークからやってきたイタリア人のお父さんと参加しました。

キャニオニングの動画はこちら⇩

キャニオニング

キャニオニングは沢登とは逆に、沢を滑ったり飛び込んだりしながら下っていくアクティビティ。十分に下見がされて定番化したコースでガイドを付けて行うのが一般的です(コースを開拓したいガイド業の人は別ですけど)。沢登りをするものとしては、沢を滑って下るのは危険極まりない行為だというのはよくわかります。やはりガイドを付けてライフジャケットを着て行うべきものです。

ガイドをお願いしたのは、10年以上前から交流させていただいている、みなかみ町のスキーヤーズプレイスさん(SKIER’S PLACE: http://skiersplace.jp/)。オーナーの龍さんはゲストハウスをされていて、そこを基地にキャニオニングやバックカントリースキーのツアーを提供されています。みなかみ町にいくつかあるような大きなツアー会社ではないので、アットホームで自由度の高いツアーを求められている方にはお勧めです。

今回はイタリアの血を引く娘のお友達もツアーに参加。ニューヨーク在住のお父さんも来日していたため同行されました。ゲストハウスの地下にあるツアーの基地で全員がウェットスーツに着替えて出かけます。

大沢のメープルコース

キャニオニングを行うのは奥利根湖付近の大沢。スキーヤーズプレイスの基地から30分強くらいの場所にあります。大沢の出合付近に車を停めて最後の準備をした後に、林道を徒歩で15~20分程進むと、ツアーで利用する大沢の下部への入渓点にたどり着きます。

ちなみにみなかみ町にはメープルコースの他に、フォックス鼻毛など名の知れたコースが点在しており、それぞれのレベルに応じたキャニオニングを楽しむことができます。初キャニオニングの子供が2人いることから、初心者向けの鼻毛がいいのではないかとも思ったのですが、この時期(9月)は水量が少なくてあまり適さないようでした(鼻毛は6月頃が良い)。フォックスやその他のコースはロープも使ってハードなので除外です。そんなわけで、ロープを使わないスライダーがメインのメープルが選らばれました。私もすっかり増量したオジサンだし、動画を撮りたいというモチベーションの方が強いので、メープルくらいでちょうど良いです。

キャニオニング

前日に急に気温が下がっため、けっこう涼しいという状況で冷水につかります。最初にスライダーとジャンプを軽く練習した後に、コースの下降を開始します。

この最初の練習で鼻に激しく水が入ったハーフイタリアンのマコちゃんの心が折れて、いきなりのリタイア。早速自然の洗礼を受けてしまいました。メープルコースの良いところは歩いての下降も可能なこと。大人たちがはしゃぐ脇をガイドの龍さんと石井ちゃんが交代しながらマコちゃんの面倒を見てくれていました。

ここでリタイア宣言のマコちゃん

母親に突進して水を浴びせかけるアヤノ

メープルコースのキャニオニングは、大まかに言うと緩いスライダーを進んだ後に、左にうねる感じの長いスライダーがあり、その後少しすると小滝からのまっすぐの滑り落ちと、中くらいのスライダー(小滝)を仰向けで下る場所(無理なら仰向けの必要はありませんが)と続きます。そして最後は最大7メートルの滝からの落下です。

緩いスライダーが続く

左にうねる長いスライダーではタンデムも可能

仰向けに落ちる中規模のスライダー(小滝)

ちなみに我が娘は長いスライダーを終えたあたりで寒さに耐えきれずリタイア。体脂肪の低さと前日からの気温低下が災いしたようです。子供は暑さと寒さには弱いので仕方ないですね。むしろよくここまで頑張った

最後の7m滝はほとんどフリーフォールに近い

バーベキュー

キャニオニングを終えて皆で温泉に入りに行きます。温泉に向かう途中でワインの「瀧澤」立ち寄って良さそうなワインと調達。先に勝っておかないとお店が閉まってしまいます(23年9月現在で18時閉店)。龍さんが別途、バーべキュー用の肉をオーダー済みで、「瀧澤」が隣接している「育風堂」で肉をピックアップしてくれました。この育風堂のお肉は素晴らしく、みなかみに行くなら要チェックです。ホルモンもお勧め。

温泉から戻ると龍さんが火起こしを終えていて、ゲストハウスの前でバーベキューを堪能しました。

夜のバーベキュー

秘儀「マシュマロの脱皮」(動画参照)

花火を楽しんで宴は終了

帰りしなに、みなかみまち須川にある「たくみの里」に立ち寄り蕎麦打ちを体験。子供達も頑張って蕎麦を打ちました。とても愛嬌のある蕎麦で美味しかったですよ。

よろしければキャニオニングから蕎麦打ちまでの動画をご視聴いただけれると嬉しいです。またお会いしましょう。

ガク

★がくんち – Gaku’s Base★

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

こういう遊びには必ずガイドを付けてくださいね。水の遊びは安全管理があってこそです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次